カイツブリ親子 1

カルガモやカイツブリの親子を河川や湖沼で観察し易い時期になりました。
まだ孵って数日と思えるヒナ2羽と親(オスかメスか分かりません)を観察していました。
親が何度も潜って小エビをヒナに与えていました。
a0142459_20145157.jpg
a0142459_2015767.jpg

a0142459_20162037.jpg

親がエサを持ってくるまでヒナが待っていた時、とんでもないことが起きました。
たぶんエサ場をめぐっての争いでしょう。
親は子育てのためには出来るだけ多くエサを捕まえたいものです。
争っている地点は冬季には干上がっていて浅いので小エビを捕まえやすい
ポイントです。考えられるとしたら小エビをめぐっての争いでしょう。
a0142459_2026717.jpg
a0142459_20262395.jpg

相手に致命傷は与えていないはずです。意地と意地の張り合いでしょう。
a0142459_20291232.jpg
a0142459_20293489.jpg
a0142459_20295435.jpg

これがバトルのクライマックスでした。
a0142459_20304973.jpg

右が子育て中の親です。左の個体はひるんで逃げ腰になりました。
a0142459_20332098.jpg
a0142459_20353030.jpg
a0142459_20355517.jpg

ヒナたちはこの争いを見ていました。
a0142459_20373987.jpg

ヒナたちがまるで親を心配する気持ちでも芽生えたかのように
両サイドから近寄ってます。
a0142459_2039375.jpg

親の背中には哀愁が漂っているように見えます。
a0142459_2041228.jpg

この後は「夢のゆりかご 愛情編」でアップします。
[PR]
トラックバックURL : https://cocophotos.exblog.jp/tb/10666807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by cocolophotos | 2010-05-22 20:46 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

さりげない日常を感動に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30