ココロフォト

<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


川沿いにて

先々・先週に撮影したものから。全て大きくトリミングしてます。
アメリカヒドリ・カップルを撮影していると目立ちたがり屋さんの
メスのマガモがカメラ目線で行ったり来たり。
a0142459_21395892.jpg
a0142459_21402061.jpg

メスのオカヨシガモ。
白い翼鏡が見えにくても嘴の形状がマガモと違います。
ただしこんな感じの白っぽいメスのマガモも時々見かけます。
a0142459_21442667.jpg

オカヨシガモとオナガガモはどちらかと言うと川沿いの限られた場所にいますが、
前者は目立たない場所で後者は公園近くの開けた場所にいる感じです。
a0142459_21493522.jpg

これは野鳥でなく放鳥されているシナガチョウ。
二羽とも左の翼が傷んでる。
a0142459_21513611.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2012-02-28 21:58 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

春の足音

風は冷たいのですが、少しずつ季節は変わっている感じがします。
メジロは花が咲き乱れて甘い蜜を吸うことを心待ちにしているのでしょう。
a0142459_23133371.jpg

オオジュリン。
a0142459_23142658.jpg

カワラヒワ。
a0142459_2315330.jpg

ジョウビタキは春の歌でも歌っているようでした。
a0142459_23163782.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2012-02-26 23:17 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

オカヨシガモ

晴天下の撮影でもシックな色合いは美しいですね。
a0142459_20363494.jpg
a0142459_20365141.jpg

カモ類はメスを先頭に泳ぐのが多いのかな?
悪く言えば尻に敷かれている。
a0142459_20402968.jpg

ヒドリガモのメスに大きな声で追っ払われてました。
a0142459_20421454.jpg

嘴のオレンジ帯と黒帯が平行。
それでも遠くだとやはりマガモのメスと見間違えてしまう。
a0142459_2054389.jpg

アメコ・マークですぐに発見。アメリカコガモはお昼寝中でした。
a0142459_2104973.jpg

オスのヒドリガモ色々。
目の周りがグリーンがかっている個体は多いほうです。
a0142459_2155727.jpg

この手のピュアな感じなのが多いとは言い切れません。
a0142459_219289.jpg

これは交雑種の系統になるのでしょう。
a0142459_21123823.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2012-02-20 21:08 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

オカヨシガモ

オカヨシガモは曇天で写したほうが羽色の美しさが映えます。
手前がメスで奥がオス。白い翼鏡は共通。
a0142459_18453493.jpg

a0142459_18465414.jpg

これはマガモのメスです。
オカヨシガモのメスとよく似ていますが、大きさや翼鏡で判断できます。
a0142459_18534183.jpg

ヨシガモのペア一組が入ってました。
曇天であってもオスは写す角度によって大分色の違いが出ます。
a0142459_1857577.jpg
a0142459_18581441.jpg

ヨシガモのメス。
これが単体でいたらオナガガモのメスと間違いやすいでしょう。
a0142459_1925519.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2012-02-19 19:04 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

ヤンキーそれから

アメリカコガモと一期一会の出会いに終わらせたくないのでまた見に行きました。
近場ですから毎度コガモの群れの中から探すつもりです。
a0142459_14393777.jpg

オオバンも相伴していてうまくやっているようでした。
a0142459_14413340.jpg

もう一羽のヤンキー君ことアメリカヒドリはヒドリガモの彼女と幸せいっぱいでした。
a0142459_14444016.jpg

ところがこのヤンキー君の右目に異常があります。
鳥にも白内障があるようですが、縦に一本の白い濁りがあります。
すぐ治るような炎症であればよいのですが。
大トリミングしてみました。
a0142459_1453740.jpg

左目は大丈夫。
a0142459_14542175.jpg

ヤンキーではありませんが、オカヨシガモのオスもたった一羽だけいます。
地味な色をしているのでこのカモだけは見落としやすいです。
a0142459_14592166.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2012-02-11 14:50 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

ノスリ

いつ見ても魅力いっぱい。
a0142459_2117511.jpg
a0142459_21172091.jpg
a0142459_21173569.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2012-02-10 21:18 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)

アメリカコガモ

やっと、やっとMFでアメリカコガモを見つけました。
脇の白いラインがアメリカコガモの識別ポイントです。
a0142459_19151260.jpg

矢印のメスと一緒にいることが多いのですが、何かよそよそしくてカップルと断定できません。
アメリカコガモとコガモのメスの違いがそもそも分かりません。
a0142459_1920517.jpg

ヒドリガモのメス羽色も色々。
a0142459_19381940.jpg

並ぶとコガモとの違いがよく分かります。
a0142459_19395396.jpg

うまくやっているかなと思いきや、コガモにとっては違和感を感じるのでしょうか、
a0142459_19453739.jpg
a0142459_19455754.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2012-02-09 19:35 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

アメリカヒドリ

アメリカヒドリとカップルと思われるメスについては触れてませんでしたが、
アメリカヒドリのメスの顔はオスとほぼ同色の灰褐色をしているようです。
したがって下の画像は茶褐色の強さからしてヒドリガモのメスです。
a0142459_2024552.jpg
a0142459_20242523.jpg

このカップルが無事に繁殖地に戻ったら下のオスみたいな感じのが
生まれるのでしょう。
2年前ほぼ同じ場所で撮影したものから。
a0142459_20275272.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2012-02-06 20:31 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

昨日は立春でしたが

寒い日が続いてフィールドに出るのも億劫になってしまいます。
画像は先週から撮ったものからです。
野焼きがあちこちで始まってますが、結構野焼きされた場所に鳥が集まります。
アオサギ。
a0142459_19274611.jpg

撮り損ねましたが、このオオタカ若はキジバトと一緒にいることがあります。
キジバトと一緒ならばカラスから身を隠すことが出来ると思っているのでしょうか?。
逃げないキジバトもまた不思議なのですが。
a0142459_1934137.jpg

畑で採餌してたシラコバト。
a0142459_19364478.jpg

アメリカヒドリ。ヒドリガモとの交雑個体かは分かりません。
a0142459_19394751.jpg
a0142459_19401973.jpg
a0142459_19404283.jpg
a0142459_1941093.jpg
a0142459_19412077.jpg
a0142459_1941486.jpg
a0142459_19423034.jpg

マガモのカップルと何か会話しているようでした。
a0142459_19455038.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2012-02-05 19:49 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)