ココロフォト

<   2011年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧


休耕田にて

カルガモの頭上にハチが接近。もちろん刺されませんでした。
a0142459_2217211.jpg

遠くにクサシギ。これから休耕田が賑やかになりそうです。
a0142459_22193091.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2011-07-27 22:24 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

ソリハシシギ

潮位が高い時だったのでソリハシシギは一箇所に集まって休憩モードでした。
手前にいるのはコチドリ。
a0142459_20394819.jpg
a0142459_20401081.jpg

キアシシギみたいに近くで撮れたらよかったのですが!。
a0142459_20415282.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2011-07-25 20:42 | 東京の野鳥 | Trackback | Comments(0)

オグロシギ

季節は真夏ですが、シギの秋の渡りの時期に入ったようです。
カワウとコサギの間に夏羽のオグロシギが一羽いました。
a0142459_1902424.jpg
a0142459_1904555.jpg
a0142459_191086.jpg

留鳥のカルガモ、夏鳥のコチドリ、そしてなんと冬鳥のキンクロハジロです。
きっと冬よりも夏が大好きな夏男なのでしょう!
a0142459_194265.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2011-07-24 19:05 | 東京の野鳥 | Trackback | Comments(0)

セッカ

梅雨明け前みたいな天気でもセッカは石火を打ち鳴らしていました。
a0142459_2291616.jpg
a0142459_2293915.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2011-07-23 22:14 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

コチドリ

コチドリの幼鳥はすくすくと成長してます。
幼鳥といっても成鳥と同じくらいのサイズです。
a0142459_22255791.jpg
a0142459_22261979.jpg

下は成鳥です。ヒシバッタをくわえてます。
a0142459_22285728.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2011-07-22 22:32 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

自然の造形にはただただひれ伏すばかりです。
a0142459_2143827.jpg
a0142459_215042.jpg
a0142459_2152235.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2011-07-22 21:06 | フラワー | Trackback | Comments(0)

涼しい日でした。

コゲラも猛暑を忘れて気持ち良さそうに昼寝のようです。
a0142459_2131583.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2011-07-21 21:34 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

久しぶりの更新

最近更新が滞っているので今までの画像をGIFにしてみました。
GIFはファイル・サイズが大きいので500KB以内に縮小せざるを得ないので、
あまりブログ向きではありません。
チョウゲンボウ。
a0142459_20314264.gif

タマシギ。
a0142459_20325560.gif

[PR]

by cocolophotos | 2011-07-20 20:38 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

カイツブリ

今日は少しだけ時間が取れたので久しぶりの撮影です。
タイミング的には少し遅かったのですが、カイツブリの幼鳥が元気一杯でした。
ウリ坊みたいで表情が可愛いです。
a0142459_20342097.jpg
a0142459_20344263.jpg
a0142459_20345787.jpg

頭の毛が薄くて暑そうですが、暑ければ水中に潜ればいいのですから。
a0142459_20385415.jpg

もう少し待っていれば、泳ぎ疲れたチビちゃんが親の背中に乗ったところを撮れたのですが。
a0142459_20405272.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2011-07-13 20:43 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

こうもり

佐渡裕さんが指揮したベルリン・フィルのショスタコの5番を既に30回以上も聴いたのですが、
不思議なことに全く飽きません。
別に佐渡さんの熱狂的ファンという訳ではないのですが、非常に洗練されている上に魂を揺さぶる
指揮(映像的パフォーマンスではない)をしているからなのです。
ショスタコの交響曲に関してはソ連時代のムラヴィン、コンドラ、ロジェベン、スヴェトラ等々の
魂を揺さぶる演奏が多々ありましたが、時代が変わった今日では新しい時代なりの
魂を揺さぶる演奏を誰もが求めているはずです。

そうそうショスタコのことでなくオペラ「こうもり」のことを書く予定でした。
佐渡さんのショスタコの録画映像を見ていたら、客席で拍手を送っていた
ヨッヘン・コヴァルスキーの姿がありました。
ちょうど来週、兵庫で佐渡裕指揮でヨハン・シュトラウスのオペラ「こうもり」で
オルロフスキー公爵役で出演するその人なのです。
3年前の5月にウィーンフォルクスオーパーの来日公演でオルロフスキー公爵役を見るために
高いチケット代を払いながらも見に行ったことを思い出します。
当時、彼は病み上がりながらも熱唱してくれた記憶がよみがえります。
オペラ「こうもり」のオルロフスキー公爵役は女性によるズボン役が多いのですが、
これだけはカウンター・テナーに歌って欲しいのです。
コヴァルスキーは高齢になったものの、はまり役の彼の歌唱を聴きたいものです。
で・・・来週からの公演はどうするかというと、チケットを買っていない。
フロッシュ役に桂ざこばさんがやるというのも一興なのに!。

オペラ「こうもり」の第二幕でコヴァルスキーによる
「私はお客を呼ぶのが好き」。

[PR]

by cocolophotos | 2011-07-09 23:38 | 音楽 | Trackback | Comments(0)