ココロフォト

カテゴリ:鳥類園等( 9 )


アメリカオシ

今週は忙しかったので以前に撮影したものからです。
以下は野鳥でなく鳥類園で飼育されているものです。
このオスのアメリカオシはかなり腕白坊主でした。
a0142459_22132457.jpg

a0142459_221426100.jpg
a0142459_22144543.jpg

メスのアカハシハジロは冬にS湖にいたようです。
a0142459_22161586.jpg

シジュウカラガン。
a0142459_22181291.jpg

サカツラガン。
a0142459_221917.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2011-04-08 22:20 | 鳥類園等 | Trackback | Comments(0)

オオワシ

このホシゴイは足環なしの野生です。
a0142459_2241052.jpg

なんとホシゴイがオオワシの巣に飛び乗ってしまいます。
a0142459_22413525.jpg
a0142459_22415622.jpg
a0142459_22425541.jpg

ホシゴイがオオワシの巣を占拠してしまいました。
a0142459_2244117.jpg

ホシゴイと争わないで自分の巣から降りてます。
このあたりオオワシの性格が表れているみたいです。
a0142459_2250751.jpg

a0142459_22521586.jpg
a0142459_22523825.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2010-10-25 22:58 | 鳥類園等 | Trackback | Comments(0)

ウィンク

いつもはねむねむが多いのですが、運よく起きてました。
a0142459_20203669.jpg

初対面の犬や猫と友達になりたいと思ったとき
OKと感じたら近寄って自分の目を閉じますが、
それを相手がやってくれていると勘違いしてしまうほど
この表情を見るとうれしくなってしまう。
a0142459_20292369.jpg

ウィンクをした後に「今のは、OKかな?」と芸達者ぶりです。
a0142459_20382451.jpg
a0142459_20384393.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2010-10-08 20:47 | 鳥類園等 | Trackback | Comments(0)

ニコニコの一瞬 ・・・メンフクロウ

あ~今日もねむねむでダメか~
a0142459_20175790.jpg

と思いきや、こちらの念が通じたのか?
「よく来てくれたね!」と満面の笑みをこちらに向けてくれました。
a0142459_20214325.jpg
a0142459_2022383.jpg

でもやっぱりねむねむでした。ありがとう。
a0142459_2024135.jpg

じゃあね~と、いつものように眠りに!
a0142459_20251771.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2010-10-06 20:28 | 鳥類園等 | Trackback | Comments(0)

スリーピー

えーと、前の首相がたしか「ルーピー」という名前だったかな?
で、今の首相は「スリーピー」という名前だったか・・・?。
今日は気温が急に下がって眠くてたまりません。
ということで眠気たっぷりさんです。
どれも夏前に鳥類園で撮ったもので眠そうな鳥さんばかりですが、
これはこれで魅力的でもあります。
a0142459_20314740.jpg

メンフクロウは寝ている時間の方が長いでしょう。
a0142459_2036493.jpg

ワシミミズクの中ではマレー、ネパールワシミミズクが好み。
a0142459_20414768.jpg

インカアジサシの欠伸は豪快。
a0142459_217504.jpg
a0142459_2183169.jpg
a0142459_2184932.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2010-09-24 21:10 | 鳥類園等 | Trackback | Comments(0)

偉大な創造

鳥類園の中で一番好きな鳥はオニオオハシです。
この鳥の姿と色彩を見るたびに、自然は人間の想像力を超えたものを
創り出すものなんだな~と認識させられてしまいます。
オニオオハシを見て思い出すのがピカソのドラ・マールの肖像です。
この絵画も初めて見たときの衝撃と感動は忘れることができません。
ピカソもやはり自然が生み出した、創造した人間だからこそ偉大なのでしょう?。
人工物は自然の創造物には敵わないですが、芸術は別の視点で捉えるべきでしょう。
a0142459_0365096.jpg
a0142459_037998.jpg

この絵とオニオオハシを比べて論ずる人はいないと思いますが。
a0142459_0402029.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2010-07-13 00:41 | 鳥類園等 | Trackback | Comments(0)

サッカー日本代表どうなるか

アフリカの大地が生み出したダルマワシならこの先全てをお見通しといった感じです。
1971年から日本に在住しているこの古老様は神々しさを放ってます。
a0142459_21563150.jpg
a0142459_21565967.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2010-06-29 22:02 | 鳥類園等 | Trackback | Comments(0)

内面色々

東京のど真ん中でオオワシを見るのも何か非日常的な感慨があります。
それにしてもどのような感情が込み上げてくるのでしょうか。
a0142459_074870.jpg
a0142459_081728.jpg

同じ猛禽類のオオタカが大人しくて可愛いく見えます。
オオワシが100センチくらいでオオタカはその半分くらいのサイズです。
a0142459_0124540.jpg

隠れた人気者ハシビロコウも不思議な鳥です。
ほぼ一点をじーっと見つめて全く動きません。
高僧の諦観にも似た精神構造としか思えません。
a0142459_019289.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2010-06-22 00:24 | 鳥類園等 | Trackback | Comments(0)

ニコニコ

その日の機嫌?によってとてもすばらしいニコニコ顔を見せてくれる
シロフクロウです。
シロフクロウは冬季に南下して日本でも一部の地域で見られることも
あるそうですが、これだけは野性の個体を見るチャンスはありません。
ということで飼育されているものを堪能させてもらいました。
準ニコニコ顔のオスです。
a0142459_2131171.jpg
a0142459_21312773.jpg

まるで塹壕での野戦スタイルのメス。
a0142459_21324411.jpg
a0142459_2133759.jpg
a0142459_21332855.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2010-06-17 21:35 | 鳥類園等 | Trackback | Comments(0)