ココロフォト

11月中旬のシギチ

オジロトウネン。
a0142459_19565156.jpg
a0142459_19571607.jpg
ハマシギ。
a0142459_19581385.jpg
クサシギ。
a0142459_19590332.jpg
シロチドリ。
a0142459_19594643.jpg
コチドリ。
a0142459_20002265.jpg


[PR]

# by cocolophotos | 2017-11-19 20:05 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

アオジほか

オスのアオジ。
a0142459_19334354.jpg
メスのアオジ。
a0142459_19343695.jpg
メスのカワセミ。
a0142459_19352248.jpg
頭頂部が白いハクセキレイのメスがいました。
a0142459_19391920.jpg
a0142459_19393180.jpg

[PR]

# by cocolophotos | 2017-11-15 19:41 | Trackback | Comments(0)

センサークリーニング

野鳥を撮影する際はほぼ連写をするのでどうしてもセンサーが汚れてしまいます。
レンズの都合上、C社とN社を使い分けているのですが、どうしてもN社のセンサーが汚れやすいこと。
両社とも電源ON、OFF時のイメージセンサークリーニング設定をしているにも拘らずのこと。
保証期間はメーカーに依頼してクリーニングしてましたが、保証が切れた機種は自分でクリーニングしてます。
最近使っているものはセンサーサイズに合わせたものを使ってます。
a0142459_19381272.jpg
この刷毛状のものに薬品をつけて約60度の状態で一拭きし、逆の面でもう一拭き。刷毛一つごとに撮影、PC確認と今回は3回で汚れが落ちました。画像で確認する限り、塵埃の類ではなくオイルなのかなと?。

自分の悪い癖でリュックからカメラを取り出すときに、レンズ取り外しボタンにふれてしまう事です。
二度もレンズとカメラボディがはずれて地上に落下させてしまったことがあります。
a0142459_20025614.jpg
落下後に内部の埃取りにブロワーを使わず、掃除機で吸い続けた後にセンサークリーニングの刷毛で両者とも清掃を完了させました。(ブロワー否定派ではありますが、掃除機でセンサー付近の埃を吸うこともよくないと思ってます。)




[PR]

# by cocolophotos | 2017-11-14 20:18 | その他諸々 | Trackback | Comments(0)