ココロフォト

2010年 03月 29日 ( 2 )


ツバメが飛来してから

地元の川にツバメが飛来してからパニックになっているのは
ハクセキレイでしょう。
a0142459_20581047.jpg

ここはハクセキレイ様の縄張りなのだと訴えたいのでしょうが、
ツバメの数とその飛行能力には及びません。
珍しくホバリングらしきことをしましたが、ホバリングになっていません。
a0142459_2123622.jpg
a0142459_2125143.jpg
a0142459_213682.jpg

それに対して対照的なのがカルガモです。
ツバメが近くをすれすれで飛び過ぎていくのを
全く気にも留めてません。
a0142459_2175818.jpg
a0142459_2182065.jpg
a0142459_2184090.jpg

去年アップしたものですが、カルガモは揉め事に全く関心がありません。
ユリカモメ若たちの恫喝にも全く動じないというか図太いというか。
a0142459_21143823.jpg

ツバメの飛来とともに多く見られるようになったのがコチドリです。
a0142459_21304948.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2010-03-29 21:33 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

ツバメ

ツバメが川面を何度も往復しながら飛び続けていました。
よく見ているとエサを捕るためではなくトレーニングの一環に感じます。
日本から遠く2千キロも離れたフィリピン辺りの越冬地から海を渡ってくる
のですから、体が鈍らないようにとも思えてなりません。
a0142459_1145657.jpg
a0142459_11452465.jpg
a0142459_11454135.jpg
a0142459_11455716.jpg

正面からでは弾丸が飛んでくるようです。
旋回能力は燕返しの言葉通りです。
a0142459_1151214.jpg
a0142459_11513956.jpg
a0142459_11515872.jpg
a0142459_11521428.jpg
a0142459_11523460.jpg

[PR]

by cocolophotos | 2010-03-29 11:54 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)